« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月14日 (火)

多摩フェス休止

既に3/1に公式発表があったらしいが、

2006年度の「パルテノン多摩小劇場フェスティバル」は“休止”だそうだ。

願わくばこれにて終了などとはならず、次年度から復活してほしいものだが、

世の中、“休刊”という名で雑誌が事実上“廃刊”されたりするわけで、

このケースは果たしてどうなのだろう…と心配である。

演劇界(特に小劇場界といいますか)にとって非常に有意義であり、

価値あるイベントだと思うのだが、やはり予算の問題なのかねぇ?

試しに多摩フェスのサイトを覗いてみると、休止決定の旨の案内があるほかは、

ほとんど去年のまま(昨年度の参加劇団や結果情報なし)未更新になっていて、

これはあんまり希望は持てないかしら?…ってな悲しい思いを抱いてしまう。

もし関係者と話す機会があれば、この辺の事情を聞いてみたいものだが…。

こうしてみると、去年このイベントの「市民審査員」に応募→審査員経験できて

ラッキーというか、本当に良かった。

祈・再開!

 

*パルテノン多摩小劇場フェスティバルとは?

財団法人多摩市文化振興財団が主催する演劇フェスティバル。毎年4月下旬~5月上旬にかけて、東京都多摩市にあるパルテノン多摩にて開催される。一般公募で選ばれた「探検隊」がリサーチの上で選出した、新進の小劇団(ここしばらくは毎回5劇団ずつ)が参集し、期間中に各1回ずつ公演。これまた公募で選ばれた市民審査員の投票により、最優秀賞を決定する。最優秀劇団には、支援費として100万円が贈られる。

ちなみに筆者が市民審査員を務めた昨年(2005年)は、劇団上田、衝突安全ボディー、クロカミショウネン18、売込隊ビーム、ヨーロッパ企画が参加。クロカミショウネン18が最優秀賞を受賞した。

なお、2004年以前の参加および優勝劇団は、こちらのサイトをご参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

どこでどう間違えたものか

今週は木曜日が仕事休みだと思い込んでいたが、

今日になって、休みなのは水曜日だという事実に気づく。

ああっ、勘違いした状況で、3/16に公演予約してしまった先が2つもある!

そんなこんなで、既に入手してしまっているチケットの引き取り先探しやら、

いろいろとフォローにアタフタする夜。

くぅ~、情けねぇ。

自分の責任だから、まぁ仕方ないことなんだけど。ちょっと鬱。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

きつね  ★★

20060313034435_edited

油揚げを甘辛く煮てみました。

投入した調味料の種類や量などはまったくの直感。

…の割には、たいへんよくできました。美味い。

見た目はいまいちだけど、満足、満足。上機嫌。

 

★本日の観劇★

innerchild 『PANGEA(パンゲア)』@青山円形劇場 14:00開演

絶対王様 『宇宙人の新撰組(ミュージカル風)』@シアターアプル 19:30開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

雨天不決行  ★

久しぶりに「青春18きっぷ」を買ってちょっと遠くへ鈍行列車旅でもしようか、

と前夜まではあれこれコースを考えていたのに、

いざ今日起きてみたら天気が悪くて、なんだか気分が萎えてしまった。

いきあたりばったりの構想は、とてもモロい。

 

★本日の観劇★

五反田団 『ふたりいる風景』@こまばアゴラ劇場 20:00開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

奮闘中

昨日に引き続き、画像の取り込みやら編集やらの方法を独習。

分割してスキャンしたものを再び1枚の画像にする手順がわからなかったが、

あれこれ検索などして、ようやく何とかそれらしきことができるようになった。

気がつくと5時間ぐらい経っている。

あー疲れた。

でも、とっても楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

J-3はほんの少しレベルが上がった

自分のPCと接続しているプリンターは、いわゆる複合機。

しかし、たまーにコピーをとるぐらいで、用途はほとんど画面印刷だった。

で、購入から半年。

今さらではあるが、ようやく画像スキャン機能もついていることを気づき、

一晩かけて、なんとかその操作をマスターした(と思われる)。

きっとこの他にも、使いこなしきれてない機能があるんだろうなぁ。

プリンターに限らず、PCも携帯も。

…などとぼんやり思う自分がちょっと情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

体内紛争勃発

「今年は大丈夫」と自分に暗示をかけていたのだが、ダメだった。

やっぱり、カラダは正直である。

浮遊するアレルゲンに対して、激しい防衛活動が始まってしまったようだ。

目がたまらなく痒い!

時折爆発的にクシャミ、そして鼻水が出る!!

寝ている間に鼻づまりを起こし、喉がやられるのも、もはや時間の問題だな。

この季節に自転車をこいで劇場へ出かけるのは、

銃弾の雨に無謀な突撃をかけるようなものか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

カメラおじさんたち  ★★

とあるビル付近の小さな広場にて、アヤしい集団を発見。

カメラを構えた10人弱のオジさん(いや、若者も混じってたかな?)たちの中心には、

紺色のセーラー服(ちなみにスカーフは赤)姿で微笑む女の人(*)がひとり。

*微妙に「女のコ」というより「女の人」って感じなんだなこれが(笑)

あ~、これが噂の(←どこでだ?)撮影会ってヤツですか。

モデル代はいくら払ってやってるんですか?

この場所を選んだのは、駅の近くながら、あまり人が通らないからですか?

オジさんたちとモデルさんは、どういうところで知り合うワケですか?

その衣装、モデルさんの自前ですか? それともそのスジの店から調達?

微妙にレトロなニオイの制服ですが、やはりオジさんたちのリクエストですか?

モデルさん、ホントはおいくつですか?

…あぁ~、聞いてみたくてたまらない。

 

★本日の観劇★

シベリア少女鉄道 『ここでキスして。』@紀伊國屋サザンシアター 14:00開演

ポツドール 『夢の城』@THEATER/TOPS 19:30開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

歌舞伎町で飲まず買わず…

かつてのバイト仲間と久しぶりに卓を囲む。

最初の半荘でなんと大三元をアガり、もちろんトップ。

(白・発・中の三種とも風露、さらにハダカ単騎待ちでアガれたのはwonderful!)

これで流れをつかめたのか、自分にしちゃ珍しく三連勝!

その後はほぼ一進一退だったが、最終的にプラス150点超なら上出来でしょう。

惜しむらくは、負けた人が「持ち合わせがない」とか言うので、

半年前の勝ち分も含めて、本日も回収できなかったこと。

こらまた不良債権化か?

客引きのお兄さん、ワタシに声かけても財布膨らまなかったんだから無駄よん。

(いや、お金があっても立ち寄る気なかったですけどネ)

 

それにしても、寝不足状態で半荘8回もやると、ちとキツいなー。

学生時代はこんなの全然平気だったのに、今回は帰宅して半日グッタリ動けず。

やはりトシはとりたくないもんであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

謎の五色不動尊・疑問そして結論編

*昨日の続きでありマス

さてこの「五色不動尊」の話、ツッコミどころがいろいろある。

① ほとんど天台宗だが、なぜか目白不動は真言宗

 創設に天海大僧正が関わっているなら、自分が属する天台宗で統一するはず。

 よって、天海云々はかなり疑わしい。

② 五街道(東海道、中山道、甲州街道、日光街道、水戸街道)の近くというには無理のある立地ばかり

 例えば目黒不動。これが品川とかなら納得できるけど、

 ここが「東海道の近く」というにはちょっと苦しい距離じゃないか?

 目白不動もまた然り。

 新旧どちらの場所も、甲州街道からはだいぶ離れているではないか。

③ 「目黄不動」を称する寺が3つもある

 しかも、それぞれが江戸城からみて全然違う方角にある。

 こうなると、色と方角が関連しているという話も含めて、かなり胡散臭い。

 

で、ワタクシなりに考えた。

・「五色不動」は、上野の寛永寺や芝の増上寺とは違い、天海僧正は関与していない。もちろん江戸を守る結界ポイントなどではない。

・古くからあったいくつかの不動尊(目黒、目白)の名称をもとに、いつの時代かに(もしかしたら明治以降かもしれない)誰ぞが、なかば無理やりに他の何色かを追加して「五色」と言い出した。

・さらに、因縁話の好きな誰かが、“五街道の近くに置いた”とか“五色不動を線で結んだのが江戸の内府”とか“色は仏教上の方角を表す”などと、もっともらしくもテキトーな説をデッチ上げ、話をふくらませた。

・「五色不動」にされてしまった側でも、いわば町おこしならぬ“寺おこし”のため、由緒ありげなこの話に乗っかった。

 

うーん、ロマンのカケラもない結論になってしまったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

謎の五色不動尊

先日訪れた目黒不動尊のホームページを見てみたら、興味深い記事を発見。

その名も「五色不動尊」。

どうやら東京近郊には「目黒」だけでなく「目青」「目赤」「目黄」「目白」の

各不動尊が置かれているらしい。

これはおもしろい。ワタクシ好みの話だ。

地名にもなっている「目黒」「目白」は知っていたが、あと三色もあったとは。

 

で、目黒不動のHPで紹介されている「五不動」は以下の通り。

 ●目黒不動:瀧泉寺[天台宗]/目黒区下目黒3-20-26

 ●目青不動:教学院[天台宗]/世田谷区太子堂4-15-1

 ●目赤不動:南谷寺[天台宗]/文京区本駒込1-20-20

 ●目黄不動:永久寺[天台宗]/台東区三ノ輪2-14-5

 ●目黄不動:最勝寺[天台宗]/江戸川区平井1-25-32

 ○目白不動:金乗院[真言宗]/豊島区高田2-12-39

ハイ、ここでちょいとツッコミたくなりますが、こらえてもう少しお読みくだされ。

さらに、目黒不動尊のHPにいわく…

 ・5つの方角(東・西・南・北・中央)を色で示している

 ・色は仏教上の方角を示す

 ・徳川時代、江戸城を守るため、江戸府内を中心とした五街道(東海道、中山道、甲州街道、日光街道、水戸街道)沿い(又は近く)に置かれたと言われる

ついでに他サイトによる関連情報もフォローしときましょ。

 ・寛永年間、三代将軍徳川家光が天海大僧正の具申をうけて、五不動尊を指定

 ・五色不動の位置を線で結んだ線の内側を「江戸の内府」とした

 ・目青不動は元は港区麻布谷町(現在の六本木)にあったが明治41年に現地へ移転

 ・江戸川の目黄不動はかつて本所表町(墨田区)にあったが大正2年に現地へ移転

 ・目白不動は本来、文京区関口にあったが戦災がもとで現地へ移転

 ・原宿の近くにもう1か所「目黄不動」を名乗る寺がある

  ●目黄不動:竜厳寺[臨済宗]/渋谷区神宮前2-3-8

 

えー、疲れたので今日はここまで。

明日またツッコませていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

スケジュール問題

今月は、好きな劇団・ユニットの公演が相次いで行われる。

チケット代の問題はさておき(←決してノープロブレムなワケではないが…)

やはり悩ましいのは時間。

さて、どの日時にどの芝居を観にいくか?

同じ日に昼・夜と観るなら、どの2作品をどういうルートでハシゴするか?

複数の公演日程がカブり、どうしても調整不可能な場合は、どちらを選ぶか?

もちろん、観劇以外の用事もあるので、どう効率よく折り合いをつけるか?

などなど、情報誌やら、ピックアップしたチラシなどを机上に並べつつ、

あれやこれやと考えを巡らせる。

悩ましい半面、こういう時間が実は楽しかったりもするのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »