« 新宿夜麺行・2 | トップページ | のびすぎ »

2006年7月 7日 (金)

星に願いを

本日、七夕。

でも近所の商店街で、今年は予算が無いのか、飾りを出さないからつまらんのぅ…

なんて思っていたら、勤務先のあるビルにて、変型の七夕飾り発見。

Pt1_1

20060706201048_edited_1 

 

 

 

↑この球状の物体、竹で編んであって、中には照明が。

近くには、願いごとを記入する正方形状の紙(*)と紐が用意されていて、

書き込んだ紙を竹に結びつける、という趣向らしい。 

*「短冊に願いごとを書いて~」みたいな案内があったが、この形状は“短冊”とは言わんぞゴラァ!

 

それでは、例によって、愉快な他人様の願いごとを拝見。

「食べて寝てやせたいな」…私もです。
「私の著書がよく売れますように!九月発売予定 皆さん宜しく!」…という割に、なぜかその本のタイトルを明記しないツメの甘さ。
「ワールドカップで日本が決勝トーナメント進出できますように」…早くも2010年に向けたお願い?
「巨人軍が優勝しますように」…これも今年は無理そうですな。
「環境ビジネスで一旗あげることができますように。地球上の土壌がきれいになりますように」…本音と建前。
「私の結婚式でステキなめぐり合いがありますよーに!」…新郎だけではご不満ですか?
「せめて終電くらいで帰らせてあげてください」…悲痛だ。
「7月7日、解決して自由になれますように」…あなたを縛っているものは何なのでしょう?
生々 初々しくいられますように」…つい笑ってしまった。新しい紙に書き直したらいいのに。

さすがに、神社の絵馬で時折見かける負のパワー出まくりのお願い

(「●●との前世からの悪縁を断ち切ってください」みたいなやつ)は見当たらず、

ちょっとホッといたしました。

  

❏おまけ「きょうのニュースから」

お笑い芸人のヒロシが11月に東京・天王洲銀河劇場で上演される「錦鯉NISHIKIGOI」(11月14~23日)で初舞台を踏む。

…たぶん今までにも耳にしてはいたものの、このニュースによって、ようやく私のアタマの中にしっかり入った情報
①天王洲の劇場「アートスフィア」は去る3月に閉館していた
②旧アートスフィアは「天王洲銀河劇場」として今秋リニューアルオープン
③天王洲銀河劇場は、実質、ホリプロが運営
④ヒロシの本名は斉藤健一

|

« 新宿夜麺行・2 | トップページ | のびすぎ »

コメント

アートスフィアが閉館していたとは… 一度も入ったことはないけど、10年くらい前に熊谷真美のサザエさんとかやっていたよね?

投稿: オタクキャップ | 2006年7月 9日 (日) 09時39分

熊谷真実の『サザエさん』…
一瞬、NHK朝ドラの『マー姉ちゃん』の話か!? と思いましたが、
調べてみたら、何と三谷幸喜脚本で舞台化してたんですね。
知らんかった…。
ちなみに自分はアートスフィアでは3回ほど舞台を観とります。
よく覚えてるのは、羽野晶紀主演の新感線の芝居。
確か、和泉流二十世宗家(自称)に嫁ぐ少し前だったので、
ある意味で貴重なものを観れたのかもしれません。

投稿: J-3 | 2006年7月11日 (火) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119779/10840605

この記事へのトラックバック一覧です: 星に願いを:

« 新宿夜麺行・2 | トップページ | のびすぎ »