« ハイ、全員注目~! | トップページ | 都庁彩色 »

2006年8月29日 (火)

青春18×2歳の旅Ⅱ 幻の汽車旅

 去る7月某日、再び青春18きっぷを携え、私は旅に出た。
 今回のハイライトはSL。もちろん、SLとはSteam Locomotiveであって、決して苛めたり苛められたりして悦ぶという倒錯したお遊びなどではないから、安易にそういうベタシモなボケをかまそうとした者は深く反省するように。
 今を去ること30数年前、私がモノゴコロついた頃にはもう、田舎といえども近所の路線では既に電車(正確に言うと、電気機関車が客車を引っ張っているスタイルで、都会の電車とはだいぶ趣が異なるものだったが)の時代となっており、私の認識では、蒸気機関車が走る姿は長らく映像の中にしか存在しないものであった。
 それでもいつか、SLが引っ張る列車に乗ってみたい。しかも、どこぞの公園での試運転とかじゃなく、ちゃんとした営業路線を長区間走るヤツ。その念願を叶えるべく、今回は早起きして始発で北へと向かう。目指すは磐越西線。会津若松~新潟間を走る「SLばんえつ物語号」(*)である。
 ところが。

200618_729_3←郡山に着いて、会津方面への乗り換えの際にヒマつぶし用にと地域紙「福島民友」を買ってみたら、予想もしていなかった記事が出ていた。

う、運休…?

何ですとーーーーー!?

 「大雨が予想されるため」って、あーた、メチャメチャいい天気なんですけど!?
 前夜に決めたらしいけど、ちょっと決断が早過ぎないか?
 つーか、首都圏でももっとちゃんと目立つように告知しろよ、JR!! 知らずにひたすらズンズンと、もう会津地方まで来ちゃったオレは、いったいどうしたらよいというのだ(泣)

 かくして、「SLに乗る旅」は「ただ単に喜多方でラーメンを食う旅」にと変更を余儀なくされてしまったのであった。つづく。

 

*SLばんえつ物語号:観光用として、1999年より春~秋の土日やGW、お盆期間中に運行。基本的に1日1往復だが、日によっては新潟→会津若松、あるいはその逆の片道のみという設定日もある。

|

« ハイ、全員注目~! | トップページ | 都庁彩色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119779/11409084

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18×2歳の旅Ⅱ 幻の汽車旅:

« ハイ、全員注目~! | トップページ | 都庁彩色 »