« 旅先B級グルメ図鑑・伊勢うどん | トップページ | 帰ってきたのだ »

2006年8月20日 (日)

旅先B級グルメ図鑑・てこねずし

200618__4三重県志摩地方の郷土料理。
漁師が舟の上で、時間を節約するためにカツオの刺身をしょうゆにつけ、酢をうったご飯に混ぜて、一緒に手でこねて食べたのが始まりだそうだ。
カツオのほかに、細長く切った海苔、青じそ、生姜などがちらしてある。
個人的には、もう少し甘酸っぱさが控えめな方が好みだなぁ。
針生姜を甘酢漬けでなく、きちんと生のもので作って(どうやらこれがデフォルトらしいのだが)あったら、ちょうどよい塩梅だったと思う。
店選びに失敗したかな?

|

« 旅先B級グルメ図鑑・伊勢うどん | トップページ | 帰ってきたのだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119779/11409181

この記事へのトラックバック一覧です: 旅先B級グルメ図鑑・てこねずし:

« 旅先B級グルメ図鑑・伊勢うどん | トップページ | 帰ってきたのだ »