« 行き先が下北沢駅前劇場ならまだマシなのだが  ★ | トップページ | 青春18×2歳の旅Ⅲ 今度こそSL »

2006年9月27日 (水)

旅先B級グルメ図鑑・おざら

200618__13 甲州(山梨県)名物の郷土料理「ほうとう」の夏バージョンといったところ。茹でた麺を水で冷やし、具だくさんの温かいつけ汁でいただく。ちなみにコレ、伝統的な「ほうとう」とは違って、昭和に入ってから“発明”された食べ方らしい。
 あれれ!? 何年か前に同じ店でに食べた「ほうとう」は、もう少し太くて厚みもある麺だったような…??
 その記憶は正しかった。「おざら」の麺は「ほうとう」よりも細打ちに仕上げてあるそうだ。時間をかけずにゆであげ、また、冷やして食べるときにほどよいコシがでるように、という目的でそうしてあるみたい。
 う~ん、美味いは美味いが、このサイズの麺だと、なんだかただ「きしめん」を食べてるような気分になるね。

※「ほうとう」については、いずれまた山梨を訪れたときに食べてから書くつもりです。

|

« 行き先が下北沢駅前劇場ならまだマシなのだが  ★ | トップページ | 青春18×2歳の旅Ⅲ 今度こそSL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119779/11926715

この記事へのトラックバック一覧です: 旅先B級グルメ図鑑・おざら:

« 行き先が下北沢駅前劇場ならまだマシなのだが  ★ | トップページ | 青春18×2歳の旅Ⅲ 今度こそSL »