« 個人的には6作めがツボ  ★★ | トップページ | 47分の22で夏終了  ★ »

2006年9月 3日 (日)

中の人もいろいろ大変なのかもしれませんが

 ちょっと調べごとがあって、深夜(日付では今日の早朝になるが)にネット接続していたら、なんとなくつけていたテレビでプロレス番組が始まった。ちょっとチラ見してみると、なんかヘンなの出てキター!
 首から上には虎の覆面。しかしその身体は、どことなく見覚えのある超アンコ型。トランクスには注連縄のような“綱”の絵柄がデザインされている。そしてそのレスラー名がコールされた。

ボノ・タイガー!!

…なんとも正体バレバレなリングネーム。いや、体型見ただけで既に誰だかわかっちゃってるワケだが。こんな逆説的ギミックで登場したマスクマンは、ジャイアント・マシーン(*1)以来ですな。これは、いよいよ格闘家というよりプロレスラーの道を突き進むことにしたっつー宣言なんだね、チャド。
 さて今回は本家タイガーマスク(何代目だか知らんが)と組んでのタッグ戦。しかしこのボノ・タイガー、とにかく動きが鈍い。そして攻撃のバリエーションがほとんどない。チョップやボディーアタックを食らっても倒れない頑丈そうなところを見せるも、足へのキック数発であっさり崩れる(ま、巨漢レスラーにありがちな弱点ではあるが)。ほとんど攻められっぱなしのうちに、ついには相手チームにマスクを剥がされて…(タッグパートナーなんだから、ちょっとはカットに入って助けてやれよタイガーマスク。やっぱり内心、こんな試合をやらされるの嫌だったのか?)。
…あまりにしょっぱい試合なので、たまらずここでテレビ消しましたヨ、私。
 誰だよ、こんなクソつまらんブック(*2)書いたの!? せっかくマスクかぶせたんだから、もっとドラマを引っ張りゃいいのに。でも、主演役者が大根すぎて、場がもたないから急遽変更したのか?
 それにしても横綱、こんなイロモノ路線でもダメダメじゃ、もはやギャラ十両の価値もないですぜ。どうすんだろ、これから。

*1 ジャイアント・マシーン:大巨人ことアンドレ・ザ・ジャイアントが、かつてマスクをかぶってリングに上がったときの名前。この人はいい仕事していた。合掌。

*2 ブック:いうなれば試合のシナリオ。なお、驚くなかれ、なんとこの後、試合はボノ・タイガーの勝利で終わったらしい。鑑賞に耐えうる大逆転劇だったのか、私は知らぬ。ちなみにスポーツ紙によると、素顔がさらされても「オレは曙じゃない」とコメントしていたそうだが、本当は「オレはマケボノじゃない」と言ったのではなかろうか?

|

« 個人的には6作めがツボ  ★★ | トップページ | 47分の22で夏終了  ★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119779/11752926

この記事へのトラックバック一覧です: 中の人もいろいろ大変なのかもしれませんが:

« 個人的には6作めがツボ  ★★ | トップページ | 47分の22で夏終了  ★ »