« 負けっぱなし | トップページ | 旅先B級グルメ図鑑・生姜味噌おでん »

2006年10月18日 (水)

青森路上ワンダー

 8月某日、北海道からふたたび“内地”へ戻る。まずは青森の市街地をブラリ。   

1_72_3←注目!! 繁華街の歩道横に、こんなオブジェ発見!
 まさかそのような誤解をしている人はいないと思うが、これらは小学生がこの夏休みに作った粘土細工の優秀作品なんかじゃない。青森が誇る歴史的遺産、古の縄文人が作りし土偶(*)である。
 奈良や京都、鎌倉がなにほどのものぞ。北東北には、それらの地域が歴史の舞台に登場するよりもはるか昔に、輝かしい文化が栄えていたのだ。
 というわけで、商店街の傍らにに点在する土偶、土偶、土偶、土偶…(もちろんレプリカだけど)。もう、素敵です、青森。
 しかし、青森の道端には、さらなる不思議物体が屹立しているのであった。
3
←どうやら消火栓らしいが、何故にペイント?
モチーフは、ネイティブ・アメリカンのトーテムポール??
土偶はまだわかるが、この作品(?)の設置意図は何だ???
 
4_1 こうなると、近くに設置されてあったこの石(役割不明)も、ひょっとして道祖神なんじゃないか、などという気がしてくるから不思議だ。

5_1 そして、もういっちょ。やや離れた場所に、またも意味不明物件が。
 泉をイメージしたようではあるのだが、それにしてもこの形…もしも酔っ払った状態で夜中にここの前にきたら、つい反射的に放尿してしまいそうだと感じるのはワタシだけか。
 青森、侮りがたし(いや、もとより侮るつもりはないが)。  

* 写真左が有名な亀ヶ岡の“遮光器土偶”、右は三内丸山遺跡から出土した板状土偶。もちろん模造オブジェだ。

|

« 負けっぱなし | トップページ | 旅先B級グルメ図鑑・生姜味噌おでん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119779/12047504

この記事へのトラックバック一覧です: 青森路上ワンダー:

« 負けっぱなし | トップページ | 旅先B級グルメ図鑑・生姜味噌おでん »