« 賀正 | トップページ | さー、骨休めだ »

2007年1月 1日 (月)

55円を投げるために55分待つ

 新年早々出社。それはまぁさておき、どうせ近所なんだし、この際休憩時間を利用して初詣に行こうかと思いついて、明治神宮へとチャリを飛ばす。混んではいるだろうけど、1時間もあれば、余裕で帰ってこれるでしょ。
20073…甘かった。日本一、初詣客の多い神社だというのは知っていたのだが、午後2時の段階でもこれほどのレベルとは…。もう、善男善女がこぞりまくり。何ですか、この行列は!? 入場整理のために門前で何度も待たされるなんて、生まれて初めての体験である。
 本殿の前の広場まで進んでも、そこから先がまたなかなか進まない。こんな状況でも目的がお参りであるせいか、殺気立つ雰囲気はなく、皆比較的黙々と超微速前進をしている。しかし、それでも中にはしびれをきらし、賽銭の遠投を試みるひともチラホラあり。
「遠くからお賽銭を投げると、前にいるの方に当たってケガをさせてしまうおそれがあります。最前列に進んでからにしてください!」
なんて注意アナウンスが何度も流れる。見れば、最前列付近に立っている警備員の帽子の前面には、“賽銭弾”対策と思しき透明なフェイスガードが。確かに目になんか直撃しちゃった日には、取り返しのつかないことにもなりかねないわな。えらいところへきてしまった。とはいえ、今さらここから引き返すわけにもいかない。
「いま、お参りを済ませた前列の方が(帰るために)左右へ移動中です。まだ前に進まないでくださいっ」
…あー、こんな初詣、ウチの田舎じゃ絶対にあり得ない光景だ。
 で、じっと順番を待つこと1時間弱。ようやく最前列のすぐ後ろに至る。一応「二礼・二拍手・一礼」を行なうが、これだけ混んでいると、礼の角度も浅くならざるをえない。周りもほとんどの人が「二拍手」だけでお祈りに入っている模様。う~ん、しょうがないよなぁ。これだけ時間をかけて詣でたという点を、なにとぞおくみいただけますでしょうか、神様。
 そんなわけで、もちろん昼メシなど食えないまま、走りに走って職場に戻るが、休憩時間を10分以上オーバー。初日からこんなで、大丈夫なんだろうか、今年のワタシ。

|

« 賀正 | トップページ | さー、骨休めだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119779/13303672

この記事へのトラックバック一覧です: 55円を投げるために55分待つ:

« 賀正 | トップページ | さー、骨休めだ »