2006年10月26日 (木)

しかし相変わらずボロそうな校舎だったなぁ

 いま、世間を騒がせているあの問題で、ニュース番組に我が母校である高校の映像が流れた。
 やっぱり、あそこもやっちゃってたか(笑)
 今を去ること20年近く前、私が通っていた頃も、いわゆる“受験対策”で、社会や理科や数学はカリキュラムを微妙に修正して授業が行なわれていた。
 社会科の地歴分野については、当時は一応、きちんと2科目やっていたと記憶している。当時の指導要綱がどうなっていたかは知らないが、我が校では日本史必修+地理・世界史の一方選択で授業を実施。だが3年生ともなると、どちらの科目で受験するか見定めて、露骨にもう一方の科目を容赦なく見切る(授業中に別科目の“内職”をする、時には授業そのものに出ない等)生徒もけっこういて、そんな中で授業をしなきゃいけない先生もかわいそうだった。
 私のクラスは世界史選択予定の者が集められていたので、日本史の先生は気をつかって(というか、いま思うに、先生自身のモチベーションを落とさないためでもあったような気がする)、3年の後半は世界史に関わる部分に絞って授業を行なってくれたのだが、内容がカブりそうにない地理選択クラスではどうしてたんだろう?
 そういった問題を学校内部で手直ししていった結果、今日の事態が発生するに至ったのだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)