2006年12月10日 (日)

とりあえず体重は減りそうだ

 実はここ1週間ほど、腹具合がよろしくない。そろそろ治ったかなーと思って富士吉田までうどんを食いにいけば、その日の夕方から夜にまた症状がぶり返し、また沈静化したかなーと思って飲み会に出席し(ついでに朝方まで飲み続け)たら、翌日(←今日のことだ)またえらい状況に陥ってしまった。もう、いつ破裂するかわからない爆弾を抱えているようなもんで、不安で外出する勇気が持てない。
 症状から察するに、ほぼ間違いなく腸炎。中でもウィルス性のものではなかろうか。思えば、月曜日に生寿司を食ってから、どうにもおかしい。いま流行りのノロウィルスか。直接は食べていないが、あの店は牡蠣も扱っていたはずで…!?
 とにかく明日から絶食して嵐の過ぎ去るのを待つとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

容疑者・ポリフェノール

 気持ち、なんとなく昨日の不調を引きずっていたら、身体の方までもおかしくなってきたのか、軽い片頭痛が発生。朝から(というか正確には夜中から)、右耳のやや上のあたりが、周期的にズキンとなる。
 生活に支障をきたすほどではないが、今までに痛みをもったことのない部位なので、けっこう気になる。毛細血管が詰まりかけてる? これはヤバい兆候なのか!?
 なんとなくじっとしてられなくなったので「家庭の医学」みたいなもので調べてみる。え~何ナニ…、片頭痛は「しばしば環境の変化、精神的なストレス、特別な食事、あるいは睡眠によって発作が起こります」だと? いや、まだ“発作”ってほどのもんじゃないレベルだと思う…いや思いたいがネ…。中でももっとも多い誘引が、アルコール、生理、ストレス、食事だってか。アルコールと生理はあり得ん。でもって、食事は…「チョコレート、強いにおいのチーズ、化学調味料で誘発されることがあります」だ? どれも今まで平気で食っとるがな。ということは、本ボシはストレスか。
…いや、待てよ。
 昨夜、確かにチョコレートを食べた。最近流行りの高濃度カカオ、75%のヤツ。高濃度モノを食べたのは初めてである。赤ワインも片頭痛の原因になることがあるそうだし、もしや高ポリフェノールが悪い影響を及ぼしているのではないのか!?
 しかし、たかだか20グラムでこんなんなるかなぁ?
 頭痛が治まって半日経ったいま、思い切って今度は「99%」のを試してみようか、私は悩んでいる。割と本気で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

膠着状態

昨年夏から実測値が順調に減り続け、

このペースなら7~8年後にゼロに至るものと思われた我が体重が、下げ止まった。

この3か月ほどは一進一退。

うっかりすると押し戻されるからまことに油断できぬ。

美しかった厨房時代のワタシに戻る道は遠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

モルモット不合格

先日、とある医学的治験に応募し、初期検査を受けてきたのだが、

その結果がメールで送られてきた。

以下引用(一部伏字変換)。

先日は、食品試験【*************************************** 】
の健康診断にご協力頂きまして、誠に有難う御座いました。

検査結果が出ましたので、ご連絡致します。
誠に残念ではございますが、検査結果が規定範囲外であった為、
今回は不適合となりました。

えーと、とりあえず●●病予備軍ではない数値が出たという結果は、

私としちゃ、それはそれでたいへん喜ばしいことなんですが…。

こういう不合格(不採用?)通知も、「誠に残念でございますが」なんて

一言を入れるのが正しい礼儀なんでしょうかね??

 

○昨日のクイズの回答○

【Q1】コオロギ科

【Q2】クツワムシ
 ※他に『虫のこえ』に登場する昆虫は、マツムシ(鳴き声:チンチロリン)、
  キリギリス(鳴き声:キリキリ…)、ウマオイ(鳴き声:スイッチョ)

【Q3】マツムシ
 ※鈴虫と松虫の呼び方が現在のようになったのは江戸時代以降で、
  それより前は、まったく逆だったそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

「受診時の注意」の謎

半年に1度の健康診断に行く。

そのこと自体はどうでもよいのだが、あらかじめ渡された注意書きで、

軽く気になる点、2つ。

 

① 血液検査がらみで…

午前中受診者に対して前夜21時以後検査終了まで絶食を要求しておきながら、

午後受診の人には、当日朝8時までなら軽食可としてるのは何故?

こちとら夜シフトの勤務だから、21時で絶食はツラいんじゃボケー!

 

② 検便

「便は検査当日におとり下さい」…これはわかる。しかし、

「前日あるいは2日前でも採便は可能ですが、

当日まで4℃以下(冷蔵庫など)で保存してください」…ってどうよ?

まぁ、保存する検体は便そのものではなく、何度かブツをつついた小さい棒なのでありますが…

でもねぇ(苦笑)

便に血が混じっていないかを調べるためだったら、

わざわざ4℃以下の状態にしておく必要はあるのでしょうか?

 

医学にお詳しい方、教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)