2007年1月30日 (火)

微リニューアル  ★

 このブログの構成を、ほんの少しだけ変えました。どこをどのように変えたのかサッパリわからないと言われそうですが、元が過疎ブログなのでそんな声が聞こえてくるはずもありません(笑)

 えー、いままでは観劇レビューをまともに書いていませんでした…と反省。
 芝居のあらすじも付記しようとか、いろんな点に言及した感想を述べようなんてことは、結局のところ挫折の元だと割り切って、これからはとにかく感想だけは簡単にでも書いていくようにいたします。

 

★本日の観劇★

カリフォルニアバカンス『アタッテル88~6つの嘘』@シアターグリーン BOX in BOX THEATER 19:30開演
 初観劇の劇団。某サイトのレビューコーナーで高評価が多かったのと、とある方から勧誘されたこと、そして何やらクイズ番組をネタにした話らしいという点に興味をもって観にいってみたのだが…う~ん、微妙。悪くはないんだけど微妙。やや期待を持ちすぎていってしまったせいかな?
 後半~ラストはそこそこよかったが、前半が退屈で何度も欠伸を噛み殺す。出だしで観る者を引きつけられないと、やはりツラいなぁ。着想は良し。またいろいろと部分的にはよく考えて作っているとも感じた。が、どうにも薄っぺらい。その思いが拭いきれないままに終了。脚本や演出の面でもう少し練りこめば、かなりおもしろくなっただろうに。残念。
 なお、今回はひとつの設定から“ミステリー・サイド”と“コメディ・サイド”の2つに展開したものを交互に上演しているそうで、この「6つの嘘」はミステリーバージョン。コメディ・サイドの方は、どんな出来だったのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

遠出をしたい  ★★

 3月末で期限の切れる有給休暇があと2日分残っている。しかし、2月後半~3月いっぱいは、おそらく仕事が忙しくて使う余裕がなさそうだ。
 そんなわけで、昨日緊急に届出を出して、本日1日分を消化。
 まずは、2月初めの旅行計画の立て直し。前々からこの時期に出かけようと考えていたものの、とある事情でここ半月ばかり凍結せざるをえなかったのだ。
 行き先はいくつか候補があるのだが、予定日までもう1週間ともなると、大概のプランは締め切り済み。もはや飛行機を使った遠出は無理かと思いきや、まだ強い味方が残っていた。スカイマークエアライン。この会社の就航している土地へのフリープランなら、「5日前まで予約OK」というのがある。
 で、電話を入れること2軒めの旅行社で空きが見つかり、ソッコーで予約。よっしゃ、なんとか間に合った!
 時期的に、ホントはもっと南の島へ行きたかったんですがネ。ま、九州でまた変わったローカル食を探訪するのもいいでしょう。

 

★本日の観劇★

青い鳥『U.Z.K.夕月○~ゆうづき~』@THEATER/TOPS 14:00開演
 久しぶりの青い鳥。今回は若手(といっても、皆さんけっこうトウがたってらっしゃる…失礼!…らしいが)主体の公演、という動機で足を運ぶ。
 さて、北村想脚本ということで、正直それなりの覚悟はしていったのだが、やっぱりツラかった。精神医学やら演劇理論などに関するコムズカシイ長ゼリフをこなした女優陣には素直に拍手を送ろう。しかし、単純に芝居として楽しめたかというと、Noである。これ、活字で読んだらおもしろい戯曲だと感じるかもしれないけど、舞台でやるのはかなり難しいよなぁ。
 悪戦苦闘する(←少なくとも私にはそう見えた)若手たちを尻目に、最初と最後にだけ出てくるベテラン女優3人が、サラッとおいしいところを持っていってた点にちょっと笑ってしまった。

『Fabrica[10.0.1]』@赤坂RED/THEATER 19:30開演
 『踊る大捜査線』シリーズなどで知られる映画監督・ドラマ演出家の本広克行が、初の舞台演出。さらに、個人的に気になる小劇場系の役者さんたちが何人も出ているとあっては、観にいかずにいられようか。
 主軸のない群像劇という点で不満を持つ向きもあるかもしれないが、私はこういう話、好き。というか、けっこうツボ。昔の仲間が久しぶりに集まって、ある者は昔の想いをいまだ引きずり、またある者は重たい事情を抱えて苦悩し…なんてベタなんだけど、三十代も後半のオッさんは、こういう設定に弱かったりするのだ。(オレだけ?)
 今回は取り立てて「オッ!?」と思わせるような演出はなかったが、そこはやはり映像とは勝手が違うからだろう。もう1本、今度はまた違った作風の脚本家と組んだ本広演出芝居を観てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月31日 (日)

2006年・私的観劇回顧

年末らしく、今年もきちんと総括しましょう。

◆観劇本数:102作品(リピート観劇なし)
…なんと、去年(2005年)とまったく同数。別に図ったつもりはないのだけれど。数年前と比べたら結構減ってるんだけれど、なんとか3桁キープしてますね。観劇に行きにくい時間帯(午後~夜)の勤務の割には、かなり健闘(?)してるんじゃないかと思われます。 

◆もっとも観劇回数の多かった月:9月 〔12本〕
…去年の月間Maxが19本だったことと比べれば、だいぶ落ち着いたペースかな。ちなみにもっとも少なかった月は8月(4本)で、次いで5月、7月(各5本)。何日間も旅行に出かけた月ですね、どれも。我ながらわかりやすい行動様式。 

◆もっとも多く出かけた劇場:下北沢駅前劇場 〔12回〕
…以下、ザ・スズナリ(10回)、THEATER/TOPS(9回)、こまばアゴラ劇場(8回)。相変わらずの小劇場志向ぶりですな。

◆もっとも多く観にいった劇団・ユニット:東京タンバリン 〔各3回〕
…とはいえ、連作1組を2本としてカウントしてることによって、アタマひとつ出ただけと言えなくもないか。まぁ、年間3公演以上やるところは、そんなにないしねぇ…。

◆もっともチケット代が高かった公演:NODA・MAP『贋作・罪と罰』 〔定価7000円〕
…去年がKERA・MAPで今年はNODA・MAP。ネタのようだがホントの話であります。

 

さて、ここからは私的年間ベスト発表~。 

★My Best1 作品:該当作品なし
…いくつか候補はあるにはあるのですが、どれも“ベスト”かと問われると、やや決め手に欠ける感あり。思い切ってこの結論にいたしました。
 ということで、ノミネートした作品群を、以下紹介。なお、★印をつけた作品が“My Best”最終候補でした。

★庭劇団ペニノ『ダークマスター』

 ベトナムからの笑い声『ブツダンサギ』

★渡辺源四郎商店『夜の行進』

 モダンスイマーズ『ゆきてかえらず-稲上荘の寄るべない日々-』

 乞局『乞局』

 JACROW『みんなの女』

 LEMON LIVE『純粋人-Juliet-』

 むっちりみえっぱり『表へどうぞ』

 MCR『ヒマホテル』(←南北両バージョン合わせて)

★燐光群『チェックポイント黒点島』

 ブラジル『恋人たち』

 ポツドール『恋の渦』

★『エンジョイ』

★ナイロン100℃『ナイス・エイジ』

 グリング『虹』 

…う~ん、昨年よりたくさん挙げているなぁ。これはおもしろい作品と多く出会えたということかな?
 ま、とにもかくにも、今後も引き続き、おもしろい、楽しい、心おどるような作品をたくさん観れることを期待しつつ、また来年~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

こりゃデジカメ買うの先延ばしだな  ★

 対ディープインパクトの勝負は、私の完敗で終わりました。かくなる上は、年末年始は努めて慎ましく日々を過ごす所存でございます。
 なお、ワタシとディープの相性の悪さを知って、逆張りして的中させた方は、アガリの1割を納めてください。以上。

 

★本日の観劇★

グリング 『虹』@紀伊國屋ホール 14:00開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

最後の抗戦  ★★

 気がつけば今年も残り1週間余。明日は有馬記念である。ここ半年以上、勝馬投票券は買わずにいたが、あまり放ったらかしにしているとJRAのPAT会員(*)資格を剥奪されてしまう。だから、ぼちぼちここらでひと勝負してみることにする。
 やはり、あのディープインパクトが大本命らしい。しかし、1年前にも書いたが、このお馬さん、買えば来ない、見送ればきっちり勝つ。私とはとことん相性が悪いのだ。さぁ、今回はどうするか?
 考えること2分(短っ!)、ついに決断いたしました。

ディープインパクト以外の出走馬の単勝馬券全部。

 もう、ゴチャゴチャ考えるのメンドくさくなった。ここまできたら玉砕覚悟の徹底抗戦策でいく。シンプルに、私が勝つかディープが勝つか。最後の決戦としよう!
 最後の最後まで私のジンクス通りになるとお考えの皆様は、是非ともディープインパクトをアタマにした馬単を買ってひと儲けしてください。

* PAT会員:電話やモバイル(iモードなど)、インターネットで投票できる会員。1年間利用がないと自動的に退会扱いとされてしまう。なお、投票資金や払戻金のやりとりは、提携銀行に作成した専用口座を使用する。

 

★本日の観劇★

『エンジョイ』@新国立劇場小劇場 13:00開演

ナイロン100℃ 『ナイス・エイジ』@世田谷パブリックシアター 18:30開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

さて結局どこへ行くのでしょう?  ★

 旅の計画を立て始めると、あれやこれや考えすぎて収集がつかなくなる性分である。だいたいいつも、あーでもない、こーでもない…と追求してしまうのが、次の2点。
  ①できるだけ効率的に移動して、立ち寄る先を増やすことはできないか?
  ②費用をもっと安くあげる手だてはないか?
 適当なところで妥協すればよいのだが、「まだ何かないか? もっといいのはないか?」が止まらなくなる。要するに、いろんな意味で余裕のない人間なんだろう、ワタシは。
 で、いまアタマを悩ませているのは来週のことである。だいぶ前から、ここで日帰りでない旅をしようとは決めていた。そして先週前半までは、ぼんやりとながらも九州北部+山口県西部あたりをウロつく計画を立案。さぁ、あとは安いフリープラン(往復の飛行機+ホテル1泊分がついているパック)やレンタカーを探して申し込もう…という段階であった。ところが。
 先日、職場の同僚から出勤日交代のお願いをされた。ほとんど深くは考えずに「いいですよ」と応じ、社内の届出用紙にハンコを押したのだが、これで出勤になったのがなんと12月20日。実は当初の計画では、この日の夜に福岡で、東京で行けなかった阿佐ヶ谷スパーダース公演『イヌの日』観劇を組み込んでいたのである。し、しまったー!!
 しかし、いまさら「交代やめます」とも言いづらい。まだツアーとかレンタカーとか公演チケットの申込みを一切していないのが幸いだったが、逆に言うと、手配済の段階ならうっかりあっさりOKすることはなかっただろう。あー、まったくもって、ぬかったワイ。
 算段が狂ったので、残念だが“九州北部の旅”は西の海へ流すこととする。( ̄人 ̄)南無ー。
 では、予定日程も1日減って、わずか2日間となってしまったこの状況で、代わりにどこに行こうか?
 そういえば、ただひとつ残っている私的未観光県・鳥取はどうだ? 日本海の松葉ガニを心ゆくまで味わう。たまには贅沢にA級メニューをいただくのも良いではないか。ところが、旅行予定日が近くなりすぎて、もう申し込めるフリープランがない…(*)。では夜行列車を使ったらどうか? その場合の費用は? また、現地でどれだけのことができそうか? 夜行バスならば??
 結論。あまり充実した計画ができそうにないので、今回は鳥取行きも見送り。ならば、代わりにどの方面へ向かうか? その移動手段は?
 かくして、代替候補選出→関連事項の検索→長考→計画修正→検索→長考→修正…の繰り返しで、夜は更けていくのであった。
 どこかで聞いたフレーズ「人生の無駄を楽しむ」とは、こういうことを指すのだろうか?

* スカイマークの便がある福岡は5日前まで申し込めるフリープランが存在したが、JALやANAのみ就航している地域は、通常は出発日の2週間、遅いものでも10日前が期限であるらしい。

 

★本日の観劇★

動物電気 『三女の食欲』@駅前劇場 19:30開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

喫緑茶店  ★★

Photo_25 観劇帰りに新宿御苑駅付近を歩いていたら、珍しい日本茶専門喫茶店(とでもいうべきか?)を発見。
 同じく日本茶のみを出す喫茶店は、私が知る限り、下北沢と荻窪にもある(*1)。荻窪の店は、美味い和菓子もいただける(*2)こともあって、その近所に住んでいた2年前まではよく通ったものだ。緑茶派としては、こういう店がもっと増えないものかとずっと思っていたけど、ついに御苑前にもできたのか。うれしいねぇ。
 で、店員さんに「このお店、いつできたんです?」と尋ねたら、「3年ぐらい前です」と。あれ? そんな前に開店してたの!? 何度もこの近くに来ていたのに、さっぱり気づいてなかった…。考えてみると、いつもだいたい自転車だから、この店が面している新宿通りよりも、並行している脇道を通ってばかりだったからなぁ。
 今日は、少しだけ雨に感謝。

*1:これらはチェーン展開しているのではなく、それぞれ個別経営。雰囲気やメニューも店によってかなり違う。

*2:茶道のお茶席に出すものを作っている和菓子屋さんから、特別に卸してもらっているとのことだった。あぁ、またこの荻窪の店に行きたくなってきた。 

 

★本日の観劇★

上田 『上田一家物語』@サンモールスタジオ 14:00開演

ポツドール 『恋の渦』@THEATER/TOPS 19:00開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

古くて新しい競技  ★★

 J1はついに浦和レッズの初優勝が決まったようで、熱狂的ファンの方々の歓喜する様子が目に浮かびますですね。
 さて、そんな喧騒とは遠く離れた中東のアラブ首長国連邦はドーハにて、現在「アジア競技大会」が開催されております。ご存知でしたか、皆さん?
 ま、オリンピックの本チャンと比べれば、いまひとつふたつみっつよっついつつぐらい地味というか、残念ながら盛り上がっていない感がありますが、そんな状況の中で私の気を引いたのが、今大会で初めて競技に加えられたという、ある種目。ちょうど本日から始められるらしきその競技の名は…

チェス。

…驚きました。「アジア大会」の主催はアジアオリンピック評議会。すなわち、この大会はもちろん“スポーツの祭典”のひとつだと私は認識していたのですが、これは一体どういう…!?
 頭脳戦と思われがちなチェスも、いざ長期戦となれば体力勝負になるからってことでしょうか? 理屈はどうあれ、新競技として追加された背景として、競技人口の多さがモノをいったのでしょうけども。
 ということは、嗜む人が増えていけば、いつの日か「クイズ」なぞも新競技に加えられる可能性がないとこもない…のかしら?(ま、非っ常~に難しいとは思いますがネ)

 

★本日の観劇★

マナマナプロデュース 『キケンなニオイはしてたよね』@SPACE雑遊 15:00開演

サモ・アリナンズ 『昔の侍』@本多劇場 19:00開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

昨日の酒の影響ではない、と思う  ★★

 今日は心身ともにクタクタ・ボロボロである。

その1:知り合いが関わっている劇団の公演を観に下北沢へ。この回は混雑しそうだとのメールをもらったので早めに行ったつもりだったが、ほんのわずかの差で、ラクな姿勢を保てそうな席はゲットならず。ケツに鈍痛(←痔じゃないスよ)、そして首筋に凝り少々。

その2:その後、これまた知人がらみの公演を観るために自転車で移動。ところがどういうわけか場所をド勘違いしてしまい、下北沢から吉祥寺経由で池袋という不必要なロードサイクルを敢行することとなる。肉体的疲労増加。それよりも、何故にそんなアホな勘違いをしてしまったのかという精神的ショック大。それでも開演に間に合ったのは幸いだったが…。

その3:夜の芝居の終演後、空模様は土砂降りへと変わっていた。さんざん迷ったが、池袋駅前という場所柄、このまま放置すると明日早々に撤去されるリスクが高い。ということで傘をさしつつ自転車を引っ張って帰ると決断する。池袋→初台間、冷たい雨で右腕は半分濡れっぱなしの徒歩行1時間半弱。これがいちばんキツかった。帰宅して即、寝床に倒れこむ。

…これにさらなるダメージが加わったら、決壊間違いなしの危険水域である。
 あーよかった。今日のジャパンカップの勝馬投票券を買えなくて。
 あー、よかった。昨日のOB会の3次会、「朝まで麻雀コース」にしなくて。

 

★本日の観劇★

はらぺこペンギン 『静寂夜 プログラムB 恋するスクリーントーン@OFF OFFシアター 13:30開演

山の手事情社 『青い鳥』@東京芸術劇場小ホール1 19:30開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

クイズつながりで  ★

 12時スタートと告知があった某クイズサークルの集まり(昼の部)に参加するつもりだったのだが、起きたらアララもう11時半過ぎ。これはとても間に合わん…断念。許されよ、企画者のM君。
 その集まりには夜の部にきっちり出ることとして、急遽、往年の“三択の女王”が主演している芝居を観にいくことに。竹下景子さんに4800円! 飲み会1回分にはなろうかという出費ではあるけど、それだけの価値はある舞台でありましたヨ。

 

★本日の観劇★

燐光群 『チェックポイント黒点島』@ザ・スズナリ 14:00開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧