江戸時代、能登地方は北前船交易で賑わっていた。
しかし、繁栄の裏で、長い航海のうちに身体を壊す船乗りが少なくなく
これを案じたある廻船問屋の主人が考えたのが、食生活の改善。
味噌を調合し、それを使って魚や野菜をたっぷり入れて煮込んだ鍋を
船乗りたちに食べさせたところ、大好評だったそうな。
さて時代は下り、この廻船問屋の子孫が食堂を営んでいた昭和30年代。
家に伝わるこの鍋を「とり野菜みそ」と名づけメニューに加えたところ、
味噌だしが美味い、とこれまた好評を博した。
そこでこの鍋用の調味味噌の販売を開始。
スーパーなどでも購入できるようになった「とり野菜みそ」は
いまや石川県民の家庭の味となりつつある、らしい。
ちなみに、「とり野菜」の「とり」とは「鳥」のことではなく、
野菜、そして栄養をたっぷりと「摂る」という意味なんだとか。
(よって、必ずしも鶏肉を入れるとは限らない)
なるほど、美味い味噌のおかげでモリモリ野菜を食べられる。

加賀・能登の旅、豪華な美食もよいけど、こういう味もまた楽し。
ただし、ネット検索してみた限りでは、現地でこのメニューを出す店、
まだまだ非常に少ない模様。
さぁこれからどうなりますかね。