日本人にとって、ランチョンミートはまだまだ馴染みの薄い食材で、
どう調理したらいいのかよくわからない人が大半ではなかろうか。
ところが日本でも、沖縄だけは例外だ。
ご存知のように、この地は戦後長きに渡ってアメリカ統治下にあった。
配給物資として米軍が持ち込んだランチョンミートの缶詰は、やがて市場に出回るようになり、
「ポーク」という通称とともに一般家庭の食卓にも広まっていった。
かくして沖縄では、スライスした「ポーク」を味噌汁の具に入れる、
なんてことがごく当たり前に行なわれている。

沖縄にはもうひとつ、「ポーク」を使った定番料理がある。
それが「ポーク卵」。
沖縄の大衆食堂には必ずあるといっても過言ではない人気メニューだ。
文字通り、「ポーク」をスライスして焼いたものと卵焼きの組合せ。
スクランブルエッグや目玉焼きが添えられる場合もあるようだが、
オムレツ風の卵焼きにするのが主流らしい。
まぁ、ハムエッグやソーセージエッグの変形版といったところか。
でもトーストと一緒に食べるよりも、ご飯と汁物をセットにした「ポーク卵定食」スタイルの方が
普及しているというのがおもしろい。
正直、私はこのメニューだけをおかずにしてご飯を食べるのはちょいとツラかったのだけれど。