ご存じの方が大半だろうが、一応ごくごく簡単に説明すると、
深川丼とは、味噌仕立てのアサリ汁ぶっかけ飯である。
いまや埋め立てに次ぐ埋め立てで、海岸線は遥か南方へと移っているが、
かつて、東京の深川界隈は海のそばであった。
「深川丼」を作り出したのは、そこに住む漁師たち。
時代は江戸末期という。
昔の隅田川は今よりも水質が良く、河口付近ではアサリがたくさん獲れた。
安く手に入るアサリ、ネギなどの野菜、そして江戸風の赤味噌を使った、
簡単に作れて、かつ短時間でかきこめる料理。
いかにも江戸っ子らしい発想の産物である。

単純な料理であるが、店によってかなり味わいが異なるように感じる。
味噌の配合、そして何よりアサリの質の違いだろうか。
さすがに現代では江戸前の貝とはいかないだろうが、
新鮮で良質な国産アサリを使っているところはやはり美味い。
よくよく情報を吟味して、店を選ばれたし。