豚肉を使った「肉豆腐」のキュウリ乗せ、といった風情だが
一般的な肉豆腐よりも、味付けがいささか暴力的である。
甘さも辛さも濃い。
また、ラードをけっこう使っているようで、ちょっとアブラっこい。
そしてトドメはニンニク。
すりおろして入れる店あり、まるごとゴロンと放り込む店もあり、
その使用形態は一定ではないが、多量投入は各店共通のようである。
食べているうちにジワリジワリと汗が湧いてくる主原因は、
唐辛子よりもこのニンニクのせいだろう。
まぁでもこれはご飯が進む。
下戸のワタシは確信は持てないが、きっと酒も進みそうだな。

不思議なことにこのメニュー、隣町の赤羽や王子ですら見かけられず、
京浜東北線東十条駅と埼京線十条駅の近くでしか食べられない模様。
ネット検索してみれば、引っかかるのは3店のみで、
十条駅付近に1軒、東十条駅の東側と西側に1軒ずつ。
あれれ?
このうちのひとつが考案して、他の2店が真似た程度のものか!?
しかし、この「からし焼き」セットのテイクアウト販売をする店もあり、
やはりそれなりにこの地域に浸透している料理だと思われる。

ちなみに「出没!アド街ック天国」で十条を取り上げた際には
“街を歩けば、いたるところで見かける「からし焼」の文字”
なんて紹介していたらしいが、誇大表現もいいところというか、
限りなく嘘に近い。
まったく、テレビ屋ってヤツは・・・。
と思ったら、先日現地へ行ってみると、件の3店以外にも
「韓国風からし焼き」なんてメニューのある店を発見。
ゆっくりと模倣者が増加・拡散中?
10年後には「アド街」のいう通りになるのかもしれん。