それはやはり喜多方ラーメンがブームになって以降だろうか。
“ご当地ラーメン”というくくりで、様々な地域のラーメンが取り上げられることが多くなった。
和歌山ラーメン、熊本ラーメン、尾道ラーメンなど、その味を提供する店が
他地域にも広がっていったものもあれば、あくまでもそのホームでひっそりと、
しかし地元民の根強い支持を受けて栄えているスタイルのラーメンもある。
さて、本日は後者タイプ、しかもかなり極ローカルなご当地麺を紹介する。
その名は「平塚系タンメン」。
いや、この名称も本当に定着しているといえるか、正直自信はない。
しかし、神奈川の平塚付近において、一風変わったタンメンがちょっと幅をきかせている、
ということは確かである。

我々の抱いているタンメンのイメージといえば、鶏ガラベースの塩味スープ、
そして具にはたっぶりの野菜炒め、という2つの要素が外せないだろう。
しかし、一部で「平塚系」と呼ばれるタンメンの姿はかなり異色だ。
 ・あらかじめ酢で調味をした酸味のあるスープ
 ・少々の刻みタマネギ以外には野菜は入っていない
 ・ワカメを入れるのがポピュラー
 ・お好みでラー油をたらして味に変化をつける
まぁ話のタネに1度体験していただきたい。
シンプルなダシ+酸味という組み合わせに、ワタシは軽い衝撃を受けた。
これが湘南人のソウルフードなのか。

“平塚系”のタンメンを出すのは、「老郷」または「ラオシャン」という名のついた店であり、
それぞれが数店舗を展開している。
元祖は「老郷」の方で、初代がかつて満洲で食べた酸っぱい湯麺をもとに作ったものだという。
ちなみに「老郷」も“ラオシャン”と読む。
つまりはこの2店、そもそもは同じ系統ということのようだ。
ふーむ。
系列外から模倣する第3勢力が現れるとおもしろくなると思うけど、今後どうなりますやら。