豚肉が主役の料理と聞いて多くの人が思い浮かべるのは、 やはりトンカツであろう。
カツ=豚肉、これは当たり前。
しかしそんな認識は、初めて関西へ行ったときにひっくり返される。
ビーフカツというものが幅をきかしているではないか。
またまた軽いショック。
ところが、「カツ」といったらトンカツでもビーフカツでもない、という地域があるらしい。
四国の徳島では、カツ=フィッシュカツなんだとか。
確かにこの食品、徳島県、とりわけ東部地域ではスーパーばかりか
コンビニの棚にも当たり前に並べられていた。

「フィッシュカツ」の原料は、その名の通り魚肉である。
太刀魚やタラ、エソなどの魚のすり身を揚げるから、要は、蒲鉾のカツ、といっていいのかな。
実際、発明したのは小松島市にある蒲鉾メーカーだという。
スーパーなどに品物を納める際に、トンカツなどと区別するために
「フィッシュカツ」というシールを貼ったところからこの名が普及した。
現在では複数のメーカーが味を競っているが、共通するのはカレー風味。
元祖のメーカーの味に倣ったものらしいが、何故カレーの味付けなのか
今ではこのメーカーでもよくわからないそうな。
フィッシュカツが誕生したのが昭和30年代。
思うに、洋食化の波を敏感に感じ取った蒲鉾屋さんが、
カレー粉の使用を思いついたということではなかろうか。

そのままかじっても美味いことは美味いが、2枚続けて食べるのはいささかキツかった。
これ、少々の野菜とともにパンに挟んでいただくのが最良と思う。