10月17日は「盛岡冷麺の日」だそうな。
昭和61年のこの日、「日本麺サミット」なる催しが盛岡で開かれ、
そこで、盛岡独自の発展を遂げていた冷麺が出品された。
このとき、初めて「盛岡冷麺」の名称が使用されたのだという。
これを契機に、この料理は徐々に全国的知名度を上げていった。
ちなみにワタシが「盛岡冷麺」を知ったのは「桃太郎電鉄」のおかげ。
同じ人、結構いるのではないかな。

本場・朝鮮半島の冷麺と盛岡冷麺のいちばんの違いは、やはり麺だろうか。
日本でポピュラーな“韓国冷麺”の麺は、そば粉入りで、比較的細い。
対して盛岡冷麺は小麦粉とデンプン粉が主体。
そば粉を入れないので見た目透明感がある。
そしてスパゲティぐらいの太さがある。
また、スープは牛骨で取ったダシをベースにしていて、
一般的な“韓国冷麺”と比べるとだいぶ甘みがある。
そしてトッピングするのはカクテキ、すなわち大根のキムチだ。
その漬け汁をダッといれれば、スープは一気に赤く、かつ辛くなる。
うん、似ているけど、もはや“韓国冷麺”とは別料理といっていいかな。
さっぱり系“韓国冷麺”好きなワタシだが、盛岡のもなかなか悪くない。

盛岡冷麺の始まりは昭和29年。
朝鮮半島北部・咸興(ハムフン)出身の料理人が盛岡で焼肉店を開業し、
故郷の味である冷麺もメニューに加えた。
しかし、当初はあまりウケがよくなかったため、盛岡人の嗜好に合わせ、
そば粉抜きの麺にする等の改良をしていったそうだ。
その後は、次第に模倣者が増えていき、地域の味として定着する、
王道のパターン。
いま盛岡の繁華街を歩いてみればあちこちに焼肉店が見かけられ、
その店頭にこの料理の写真を掲げているところも多い。

盛岡人の偉いところは、早くから他地域へのアピールを図り、
「盛岡冷麺」をブランド化していった点だ。
この頃は「わんこそば」「じゃじゃ麺」も合わせて「三大麺」と称し
うまいこと売り出している手腕はさすがである。
これまで東北から出て総理大臣になった4人はすべて岩手人というのも
なんかわからんでもないような気がする。