B-1グランプリで1位となり、テレビ等で広範に紹介されたから、
あえて詳しい説明は不要だろう。
鶏の砂肝やハツ、レバー、キンカン(鶏の体内にある産卵前の卵黄)を
砂糖と醤油で照り焼きならぬ照り煮したものだ。
昭和20年代に甲府市内のある蕎麦屋が考案した料理だそうだが、
鶏のモツが捨てられてもったいない、と感じたのが動機だとか。
戦中戦後の食糧難の記憶がまだ生々しい時期らしい発想である。
甘辛さが強い味付けも、贅沢は敵だとされた頃の反動で、
砂糖も醤油もハンバン使った結果なのだろうか。
とにかく味が濃いので、ご飯が進む。

甲府市内では蕎麦屋を中心に「鳥もつ煮」を出す店がたくさんある。
個人的にはキンカンがポイントの料理だと思うのだが、
店によっては入ってないものが出てくるので注意が必要だ。
勇気を持って最初に「ちゃんとキンカン入ってる?」と確認しよう。