北海道限定のローカル乳酸菌飲料。
ヤクルトに近い感じだが、よりスッキリした味わいだ。
「みかんカツゲン」やら「ぶどう~」「りんご~」などもあるようで、
こういう展開は、ヤクルトというよりカルピス的である。

かつては首都圏や関西圏で発売されたこともあるらしい。
が、名前のいかめしさがいけなかったのか、いまひとつウケずに、
いずれも早々に撤退。
帝政ロシアの如く、南下の野望はあえなく潰えた。
しかし、道民たちは今もカツゲンを愛し続けている(言いすぎか?)。

歴史は意外と古く、誕生したのは昭和初期で、
軍人向けの栄養飲料として開発されたものだそうだ。
現在はマイルドな風味にした「ソフトカツゲン」のみが売られている。
話のタネに、濃厚なハードカツゲン(?)を飲んでみたいものだが…
復刻してくれないかなぁ。