名前だけ聞くと、餃子の中の具にうどんが入っているのか!?・・・と思うが、
実態はちょっと違う。
餃子の具に使われる挽き肉、ニンニク、ニラなどを混ぜたものに、
さらに茹でたうどんを混ぜ込み、餃子よりやや大きめなサイズにまとめてそのまま焼く。
すなわち「餃子」というものの、皮で包むという工程がない。
だからビジュアル的には餃子とは程遠い。
が、味は確かに餃子っぽい。
タレも餃子用のものと変わらないし。

何でこんなスタイルのものが誕生したのか気になるが、詳細は不明。
ただ、30年ほど前に高槻に住む主婦が考え出したらしく、
やがて家庭料理として市民の間に広まっていったものだとか。
うーん、料理の“かさ”を増すためにうどんを使ったのかなぁ?

なお、家庭料理なので他所者が味わう機会は長らく皆無に等しかったが、
マスコミで紹介された影響か、最近は現地の一部居酒屋でも食べられるようになった。
「うどん餃子」、いずれ高槻の外へ巣立つときが来るだろうか。