このシリーズを書きながらも、つねづね感じていた疑問がひとつある。
ローカルB級グルメネタの不毛地帯はどこだろう?
東京、という答えを出す人がいるかもしれない。
しかし東京には、月島のもんじゃ焼きやレバーフライ、十条のからし焼き、
さらに多摩地区に目を向ければ、油そばや武蔵野うどん、なんてものもある。
で、ちょいと考えた末に出てきたワタシの答えが、京都。
天下一品を始めとして個性的なラーメンの店はいくつか存在するが、
どれもその店、またはチェーンのみのオリジナル。
ある一定区域に広く浸透しているB級メニューとなると、これといったものが思いつかないのだ。
そこで、某掲示板で質問したところ、2つほど情報をいただいた。
で、早速先日の旅でその2つを現地調査。
が、しかし、今回はあえてそれは書かない。
その2つの情報を得る前に、「もしやこれは京都のB級グルメではないか?」と
ようやく自分自身で思い当たったものがあったのだ。

千枚漬け、しば漬け、すぐき漬け、などなど、漬物は京都名物のひとつといえよう。
そんな京漬物を使った代表的メニューが「ぶぶ漬け」、 すなわちお茶漬けだが、
これは今さらここで取り上げるものでもあるまい。
だが、京漬物を使った別のおもしろい料理があった。
「漬物寿司」・・・ご想像の通り、寿司のシャリに乗せるネタとして、魚介類の代わりに
京漬物を使ったものである。
寿司も京漬物もA級のイメージだが、この2つを組み合わせると
途端に亜流・外道・B級なんて感じになってしまう。
でも、食べてみるとなかなかに美味い。
ヘタな回転寿司屋で食べるよりも断然いい。
塩分バリバリの田舎の漬物ではそうもいかないが、この上品な味付けが
シャリにとてもよくマッチする。
まぁ、さっぱりしすぎて、食事としては物足りないかもしれないけど。
むしろ、飲んだ後のシメに軽くつまむのにぴったり、かな。

まだ数は少ないが、京都市内に数店、このメニューを出す場所がある。
雅な京料理もよろしいけど、たまにはこんなのも乙なもんどす。