theatergoer.way-nifty.com > 旅先B級グルメ館

宮城「はらこめし」

宮城「はらこめし」

亘理町

宮城県南東部に、亘理(わたり)という町がある。
東北第二の大河・阿武隈川の河口の南側に位置するこの土地では、
古来より、秋になると海から阿武隈川へと向かう鮭がたくさん獲れた。
鮭の地引網で大漁だったときに、漁師の家で作りふるまわれたのが、「はらこめし」である。

「はらこ」とは鮭の卵、すなわち筋子のこと。
「はらこめし」は、この筋子をバラしてイクラにしたものと、
醤油などで軽く煮た鮭の切り身をご飯の上に盛りつけた、いうなれば鮭版の親子丼だ。
しかし、単なる白飯ではなく、鮭の煮汁で炊いたご飯を使う。
丼モノというより、炊き込みご飯の一種と言った方が適切かもしれない。

江戸時代初期、「独眼竜」の異名で知られる伊達政宗が、
阿武隈川の治水工事の視察でこの地を訪れた折、領民がこの料理を献上。
この味をいたく気に入ったお殿様からスタートした口コミで、
名物「はらこめし」の名が周囲に広まっていったとか。
今では仙台駅の駅弁にも登場しており、そのファンは多い。

食品保存の技術が進んだ現代では、駅弁などで年中食べることはできるが
やはり旬の時期に地物をいただくべきであろう。
亘理町の「はらこめし」の季節は秋口から12月初めまで。
うかうかしているうちにシーズンが過ぎて翌秋まで待ちぼうけ・・・となるのでご注意を。

| トップページ |