theatergoer.way-nifty.com > 旅先B級グルメ館

兵庫「だしたこ」

兵庫「だしたこ」

神戸市

関西には強力な“粉モン文化”が存在することは周知の通りだが、
一口に関西といっても、すべて一様ではない。
お好み焼きだって、よく知られているスタンダードな大阪のそれと、
京都で古くからあるスタイルはけっこう違う。
また、兵庫・高砂のにくてんに代表されるように、
その地域独特の具材を入れるなんてのはよくある話だ。

さて、お好み焼きと並ぶ関西粉モン食の雄・たこ焼きもまた、
ローカルバージョンが存在する。
とか書くと、明石の玉子焼きを思い起こす方が多かろう。
惜しい!
今回取り上げるのは、大阪でも明石でもなく、その間の神戸のたこ焼き。
「神戸たこ焼き」の名で紹介していることもあるようだが、
現地民の間では「だしたこ」の方が通りがいいようだ。

大阪のたこ焼きはソースをつけて食べる。
明石の玉子焼きはダシ汁につけて食べる。
その中間ゆえの折衷スタイル・・・ということなのだろうか。
神戸の長田区や兵庫区あたりでよく見かけるたこ焼きは、
ダシ汁につけ、さらにそこへソースをかけるのが王道らしい。
以前も書いたと思うが、このあたりはローカルなソースメーカーが多い。
明石風に作っても、やはり決め手にはソース・・・と考える文化なのかも。

食べてみると・・・うーん、ちょっとソースの酸味が強いなぁ。
ポピュラーなたこ焼きを食べるときには全然気にならないのに。
ダシ汁に浸すせいで、油気が薄くなるからそう感じるのだろうか。
Bグル初級者には、最初からダシ汁につけてたくさん提供するのではなく、
たこ焼きとダシ汁をセパレートで出して、ダシ汁なし+ソース、
ダシ汁浸しのみ、ダシ汁浸し+ソース、といろんなバリエーションを
ちょっとずつ楽しめる店の方がよろしいかも。

トップページ |