いつから有名になったのかよくわからないが、宇都宮といえば餃子。
この地は一世帯あたりの餃子消費量が日本一…という話を聞いたことがあるが、
今でもトップの座を守り続けているのだろうか?
そもそも餃子消費量なんて誰がどうやって算出してるのか、
全国各市区町村のデータがきちんと揃ってるのか等、ツッコみたいポイントはたくさんある。
が、とにもかくにもうまいこと世間にアピールして広く認知させたものの勝ちなのだ。

宇都宮の餃子店といえば、「みんみん」と「正嗣」〈まさし〉が2大巨頭らしい。
それぞれ本店らしきところに入ってみたが、どちらもメニューはいたってシンプル。
焼き餃子に水餃子、みんみんは加えて揚げ餃子もあるが、
エビだのニラだのとバリエーションに凝ることなく、具は一種類で勝負しているようだ。
水餃子はスープではなく普通のお湯に入れただけの状態で出てくるし、
まったく単純というか無骨というか…。でも、個人的にはこういう方が好みだな。
(なお、どちらかといえば、ワタシの口には正嗣の餃子の方が合うようだった)
それにしても、「みんみん」「正嗣」とも、タレを入れる小皿のサイズが小さすぎて
(写真左下参照)、ちょいと食いづらいのだけはいただけなかった。
2店とも同様の大きさ・形状の小皿が出てきたが、これは宇都宮餃子のデフォルトなのか!?