私は、ポピュラーな卵とじスタイルのカツ丼はあまり好きではない。
せっかく揚げたのに、何故また卵でとじて煮なきゃいかんのか。
揚げてからだいぶ時間の経ったカツを、どうにかうまく処分しようという
知恵だけでできたシロモノではないのか?
もし長時間の取調べを受けている最中にアレを出されても、
ワタシャたぶん自供する気にはならんね。
そんな私みたいなヘンクツ人向けと思えるのが、このソースかつ丼。
揚げたてのトンカツを軽くソースに浸し、ご飯の上、
正確に言うと、ご飯の上に敷いた千切りキャベツの上に乗せてある。
うん、「カツ丼」というなら、かくあるべし。
今回訪れた伊那地方の駒ヶ根近辺のほかに、福井や会津若松、群馬県桐生などでも
同じようなスタイルのカツ丼が“ローカルメニュー”として各個勃興しているようだが、
願わくば、日本中でソースカツ丼こそがスタンダードとなる日が来たらんことを。