長野県伊那地方、特に伊那市周辺で食べられているローカル麺料理。
やや太めの蒸し麺に、マトン、キャベツなどを混ぜ合わせて炒めてある。
豚肉を使う店もあるそうだが、基本はやっぱりマトン。
かつてこの地域では羊毛生産のための牧羊飼育がを盛んで、
マトンを使ったメニューが考案されるに至ったというわけである。
とはいえ完璧に統一された調理法があるわけではないらしい。
代表的なスタイルは“スープ風”と“焼きそば風”の2系統だ。
“スープ風”は、ラーメンやかけそばのようにたっぷりの汁をかけるのではなく、
麺がやや浸る程度のもの。
ローメン発祥とされる店で出すのも、この“スープ風”スタイルだ。
豚骨ベースらしきそのスープはポタージュ的だが、それほどドロッとはしていない。
砂糖も入っているのか、それだけ飲むとやや甘ったるい感じ。
ここへ、酢やソース、おろしにんにく、七味などで好きなように味を足していただく。
クセのあるマトンは、こうしたパンチを効かした味付けにして食べるのが良いですナ。
好みが分かれるでしょうが、私は大好きです、こういう“Bグル”の本道をいくような料理。