「わんこそば」「冷麺」に続き、盛岡名物麺として売り出し中のメニュー。
麺にきゅうりに肉味噌という組み合わせから、着想は中華の炸醤麺と思われる。
しかし、味噌に肉がほとんど入っておらず、麺も太めのうどんを使用。
また、麺を茹で上げた後は、冷やさず盛り付ける点も炸醤麺とは違う。
まずは、とにかく麺・味噌・きゅうりをよく混ぜて食うべし。
途中ですりおろした生姜やニンニク、酢やラー油などを加えると、
味に変化が出て飽きずに食べられる。
個人的には、麺がやわらかすぎるのが…だった。
今回は「じゃじゃ麺」元祖の店で食べたのだが、他店も同じ仕様なのだろうか?