「せんべい汁」は青森県八戸付近や岩手県北部の郷土料理である。
歴史は古く、江戸時代後期、飢饉の対応食として生まれたものという。
その作り方は単純。
野菜やきのこ、肉を煮た鍋に、南部せんべいを割り入れて作る。
南部せんべいといっても、お菓子としてではなく、
せんべい汁用に焼かれたものを使う。
だからスープに溶けてデロデロ~な状態には、そう簡単にはならない。
むしろモチモチとした、なかなか良い食感だ。
そう、これはすいとんの変形版って感じ。
アルデンテなうちにいただこう。
八戸あたりにお出かけの際は、お土産に鍋用のせんべいはいかが。

なお、余談ではありますが、ローカルB級グルメ日本一を決めるイベント「B-1グランプリ」は
八戸の「せんべい汁」を広めようとした面々が立ち上げた企画らしい。
えらい!