何年か前から見かけるようになった夏季メニュー「冷やしラーメン」。
いわゆる「冷やし中華」ではなく、スープの冷たいラーメンのアレ、
その発祥の地は山形らしい。
冷たい蕎麦メニューがあるなら冷たいラーメンがあってもいい、
との常連さんのリクエストに応えて、ある店で開発されたものだという。

ちょっと見づらいかもしれないが、丼の周縁に氷が浮かべてある。
それでいて、スープの表面に浮いている油は液状のまま。
低温なのに凝固してないのが不思議なり。
動物系の脂をほとんど使っていない(と思われる)のに加えて、
スープが氷でだんだん薄まっていくせいなのか、
ちょっと食い足りないとまで感じてしまうほどのあっさり風味。
数年前まで日本一の暑さを記録していた山形の盛夏には、
ぴったりハマるのかもしれない。