突然だが、クイズを1題。
【Q】47都道府県で、昆布の生産量日本一は北海道ですが、
消費量が日本一なのはどこでしょう?

…答えは富山県だそうな。
昆布のまったくとれない富山が何故に消費量日本一なのか?
その理由は、江戸時代にさかのぼる。
かつて、日本海沿岸では北前船での交易が盛んであった。
航路の中継地であった北陸には蝦夷地から昆布が大量に持ち込まれ、
やがて食材として浸透していった。
かくして今でも富山で昆布がたくさん食べられている、というわけ。

そんな富山の昆布食文化を象徴するのが「とろろ昆布おにぎり」。
おにぎりといえば、外面には海苔を貼るのが一般的だが、
富山では海苔ではなくとろろ昆布やおぼろ昆布で巻くのがポピュラーだという。
現地のスーパーやコンビニでは、当たり前のように売られている。

乾燥昆布を酢に漬けて軟らかくしてから加工するため、食べるとほのかな酸味あり。
なんとなーく海苔より身体にいいって感じがするのは気のせいか?
これ、ワタシけっこう好みだワ。
ウチの近所でも売っていたら、週に1度は買うだろうに。
北陸地域の人がちょっとうらやましい。