“子午線の街”兵庫県明石の名産といったらタコ。
そのタコを使った代表的ローカル食が「明石焼き」だ。
地元・明石では「玉子焼き」と呼ばれている。
たぶん、ご存知の方も多かろう。
関西名物・タコ焼きの原型となったものである。
なんと、江戸時代の終わり頃からあったメニューらしい。

ダシ汁で溶いた鶏卵がたっぷり入った、ふんわりトロっとしたコロモ。
刻みキャベツやショウガなどは入れず、具にはタコだけを入れる。
銅板の型で焼き、まな板状の木の皿(?)に盛りつけ。
そして基本的にソースはかけず、澄んだダシ汁につけて食す。
以上、一般的なタコ焼きとの主な相違点を挙げてみた。

出来たてを頬張る。
ウヒャ、アツい!
でも美味い!!
タコ焼きよりもアッサリしてて、ナンボでも食べられそう。
気分的なものかもしれないが、タコ焼きより上品な感じがする。

たまにとても食べたくなるのだが、
東京にはコレという明石焼きの店がないのが非常に残念なり。