福井県武生(たけふ)―。
現在は周辺自治体と合併して「越前市」という
いささか安直な名前に変わってしまったこの街に、
名物B食がある。
その名は「ボルガライス」。

チキンライスを薄焼き卵で包み、その上にはトンカツ。
仕上げにドミグラスソースがかけてある。
要するにオムライス&トンカツ、夢のコラボ。
もう、食いしん坊のお子様は大喜びのメニューである。
隣県・金沢のハントンライスにちょっと似た風情だが、
あちらほどヒネリを効かせすぎていない、直球なニッポン洋食系。
えーのぅ。
複数の店で食べ比べてみたかったが、さすがに1軒でお腹いっぱいヨ。

ところで、どうしてこんな料理が“ボルガ”なのか?
出来上がりの形状をロシアのボルガ川の舟に見立てただの、
イタリアの地名だの、浅草にあった洋食店の名前だの、
諸説ふんぷん。
ナゾです。