神戸市長田区発祥のローカルフード。
とはいえ一時、冷凍食品メニューとなって発売され、
その知名度が一躍全国区となったから、
関西以外在住でも、その名をご存知の方も多かろう。

名前のまんま、焼きそばと一緒にご飯も炒めたもの。
長田のある店で、付近の工員さんが、持っていた弁当の冷や飯を、
焼きそばと混ぜて炒めてくれと頼んで作らせたのがルーツだとか。
長田名物・ぼっかけ(牛スジ肉とこんにゃくの煮込み)を混ぜれば最強。
コテでトッテンコカッテンコと細かく刻みながら炒める音が、
また食欲をそそる。
そして出来立てを食せば、口内に広がる地元産ソースの味と香り。
いいですねぇ。
見てくれはちょっとアレだけど、これこそB食の王道ですよ。

ちなみに神戸には地ビールならぬ“地ソース”がいろいろある。
レトルトパックのぼっかけと、地ソースを1本買って帰って、
自宅で現地の味を再現するのもまた楽し。