北海道・十勝地方のローカルメニュー「豚丼」。
その作り方は至って単純。
豚ロース(上位メニューでヒレを使って差別化する店もあるらしいが)を
甘辛い醤油ベースのタレにつけて焼き、どんぶり飯の上に乗せる。
トッピングでグリーンピースをパラリ。
ハイ、できあがり。
タレの味付けといい、料理そのものの構造といい、
やはり発想の源流は鰻丼なのだろうかね?

戦前の道東は、酪農よりも養豚が盛んだったらしく、
その影響でこの地では豚食に馴染んでいるという。
そしてタレが甘いのは、甜菜糖が穫れる土地柄だから、との説あり。
なるほど、本来は地産地消な料理だったわけね。

程よく厚みのある肉をサクッとかじれば、口の中に旨みが広がる。
うん、豚を食べるならこのサイズがいちばんだな。
タレの味付けが濃すぎる感もないではないが、
豚肉にはこのぐらいの方がいいかもしれない。
牛丼チェーンがBSE騒動の中で苦肉の策で作った“代用豚丼”よりも、
この十勝の豚丼の方がもっと普及してほしいと思っているのは
ワタシだけじゃないはず。