「瓦そば」は、山口県下関市にある川棚温泉近辺のローカル食だ。
熱した瓦の上に茹でた茶そばを乗せて、
錦糸玉子、細切り牛肉、海苔などの具をトッピング。
温かいめんつゆにつけていただく。
つゆには、お好みでレモンやもみじおろしを入れて味を調整する。
瓦で熱されて、一部がパリッとなりかけた麺の食感が楽しい一品。
一般家庭ではさすがに瓦を焼くわけにもいかないので
ホットプレートを用いるそうである。

このメニューの元祖とされる店の説明によると、ここのご主人が、
かつて西南戦争の際、薩軍兵士が熊本城攻囲中に
瓦で肉や野草などを焼いて食べた、というエピソードを聞いて
考案したという。
う~む、何故か薩摩でも肥後でもない長州の一角に、
こんなジャンルで微妙な影響を及ぼすことになろうとは、
さすがの西郷さんも、まったく思いもよるまいて。