以前、中津のから揚げを取り上げたときにも書いたが、九州はカシワ(鶏肉)文化圏である。
中でも大分県は鶏肉消費量日本一であるらしい。
そんな大分の代表的鶏肉メニュー、それが「とり天」だ。
同県下では、レストラン、中華料理店、喫茶店など、至るところで食べることができるばかりか、
広く家庭料理としても普及している。

読んで字の如く、基本的には鶏肉の天ぷらである。
鶏肉は骨を取り除き、ひと口大ほどにカット。
ニンニクやショウガなどで下味をつけることが多いが、そのあたりは作り手の自由だ。
これに小麦粉を水と鶏卵で溶いたコロモを付ける。
中には片栗粉を入れて、若干から揚げ風に仕上げる店もある。
ま、この辺も特に強い約束事があるわけではなく、作り手にお任せ。
熱した油の中へ投入し、きれいに揚がったら、
ポン酢(ご当地名物のカボスを使ったものがポピュラー)、
そしてお好みで練りからしもちょいとつけていただく。
揚げ物ではあるが、割とサッパリとしてて美味い。
ただし、まれに下手な店に当たると、肉に微妙な生臭さが残ってたりする。
旅人は、よくカンを働かせて店を選ぼう。