メニューにスパゲティを載せている喫茶店は多い。
そこは名古屋も同じ。
やや違うのは、単純にナポリタンとかミートソースじゃなくて、
一風変わった「あんかけスパゲティ」なる品が存在することである。

2ミリほどの太さのスパゲティに、とろみのついたソース。
ピリリと辛口の味付けが特徴だ。
麺が太いのは炒めたときに切れないようにするため、
またソースのとろみは、麺とよく絡むように、ということらしい。
具はいろんなバージョンがあるが、野菜トッピングの「カントリー」、
肉類メインの「ミラネーゼ」がオーソドックス。
その2つを混在させた「ミラカン」が一番人気だそうな。
うん、見ためも味もすばらしくB級で、実にワタシ好みであ~る。

元々はミートソースを、名古屋人好みにアレンジしていった結果、
このスタイルに至ったんだとか。
おそるべし、食をナナメ上へと進化させる街・名古屋。
皆様も是非ご体験あれ。
あんかけソースが跳ねて服に付いてしまわないように注意してね。