山梨県の郷土料理。
小麦粉を練って平打ちの麺状にして、野菜などとともに
味噌ベースの汁で煮たものである。
似たような料理は埼玉、群馬、長野などにあるが、
知名度はこの山梨の「ほうとう」が勝っているかな?
その起源については、武田信玄由来など様々唱えられているが、
古代のうどんに似た料理「はくたく」から発展という説が有力。
原型をどれだけ留めているのかは不明だが、
非常に歴史ある食べ物であるらしい。
そして麦作の盛んだった山梨県地方で、日常食として発達した模様。

「ほうとう」に入れる野菜といえば、なにはなくともまずカボチャだ。
煮干だしの味噌汁に、煮崩れたカボチャが溶け込んでいって、
なんとも田舎くさく、そして滋味あふれる風味がかもし出される。
さらに根菜類や白菜、キノコなどをたっぷり投入。
実に栄養バランスの良い、優れものメニューである。
特にこの時期は、具の野菜が美味いし、冷えた身体も温まる。

変種(?)として、ハレの日に食すという「小豆ぼうとう」がある。
おしるこの中に、餅の代わりにほうとうの麺を入れたもの、
といえばイメージしやすいだろうか。
お菓子だと考えれば、これはこれでまたけっこうイケるぞ。

Let's go 甲州。
たまにはニッポンの由緒正しき田舎料理をいただきましょう!