新潟というと米どころというイメージがあるが、
ご飯モノではなく蕎麦で、ちょっと変わった“ご当地食”がある。
しかも、何故かコシヒカリで有名な中越の魚沼地方に、だ。
その名を「へぎそば」という。

一般的な分類でいうと、もりそばの一種である。
「へぎ」と呼ばれる四角い木製の器で出すので「へぎそば」。
茹で上げて水で締めたそばを一口分ずつたぐって乗せることから、
別名「手振りそば」とも呼ばれるそうだ。
変わっているのが、そばのつなぎ。
普通、そばのつなぎは小麦粉、ところによりトロロってな具合だが、
この「へぎそば」は、海草の一種であるフノリを使っている。
昔から中越の小千谷や十日町周辺では織物業が盛んで、
その作業工程でフノリを使っていたことに由来するらしい。

フノリ入りためか、麺の色がほんのわずかに緑がかっている。
そしてやはりフノリ効果であろう、普通のそばよりも口ざわりが滑らか、
かつコシや切れ味もよいのが特徴。
ツルツルコキコキとした食感が、なかなかに気持ちよい。
そば好きには異端に思えるかもしれないが、ワタシは大好きである。