以前、駒ヶ根のソースカツ丼を紹介したが、
その変形版とでもいうべきものが新潟に存在する。
名づけて「タレカツ丼」。
ウスターソースではなく、天つゆのような醤油ベースのタレに
カツを浸したものがご飯の上に乗っている。
当たり前だが、ソースカツよりもあっさりしてて、これはこれで美味いカツ丼。
それにしても、どうしてこれが新潟で生まれたんだろう?
申し訳ない、今回は調査不足でござる。