もんじゃ、ではなく「もんじ焼き」
群馬の伊勢崎や桐生のあたりではそう呼ぶらしい。
東京・月島のもんじゃと比べると、その特徴は…

▼具が少ない
 基本はキャベツ。お好みでwithベビースターラーメン。
▼駄菓子屋で発展
 だから基本は子供のおやつ。だから具がチープだし、廉価。
▼味付けの種類に「あま」「から」「あまから」
 「から」はカレー粉、そして「あま」はかき氷のイチゴシロップ。
 「あまから」はその両方が入っている。
▼いわゆる“土手”を作らずに焼く
 さぁ、勇気を出して、思い切り鉄板にぶちまけよう!
 最初は収拾つかなそうな状態に見えるけど
 コテでチャンチャカやってるうちに、何とかまとまるもんだ。

伊勢崎の某店にて、試しに「あまから」を頼んでみた。
お値段、120円也。リィーーーーズナブルッ!
しかし、味がなんだかわからない。
どっちかというとカレー粉の風味が勝っているような気がするが、微妙に甘さもある。
しまった、「あま」「から」1つずつ注文して比べればよかった。

まぁしかし、これは小腹を満たすにはちょうどいいおやつだ。
牛肉だ海鮮だチーズだと、派手な具材で彩られるものも悪くはないが、
もんじゃって、基本はこうあるべきという気がする。