広島には独特のつけ麺文化がある。
一番の特徴はツケダレ。
醤油ベースに、唐辛子などを入れた結構辛いものだ。
茹でられた麺の上には、ネギやキュウリ、茹でたキャベツ、
そして脂身の少ないあっさり風味のチャーシューが乗っている。
この野菜たっぷりの具が辛味をやわらげて、なかなかに良い。
ちょっとクセになりそうだ。
最近は東京を始め他都市にも店がどんどん進出している「広島風つけ麺」、
全国区のメジャーメニューになる日もそう遠くないかもしれない。