宮城名物「ずんだ餅」。
黄緑色が鮮やかなスイーツだ。
枝豆を茹でて豆を取り出し、薄皮を除いてすり潰す。
そして砂糖や微量の塩で味を調えて作るのが「ずんだ」の餡。
これを餅にからめる。

豆を打って作るから「豆ん打」→「ずんだ」と呼ばれるようになった
という説が有力。
本来は枝豆を収穫する時期、すなわちお盆の頃の季節料理であるが、
昨今の冷凍技術の発達もあって、年中お目にかかるようになった。
いまでは仙台駅などでは土産品として売られていて、
「ずんだ」の知名度は徐々にアップしている。
日本中の和菓子屋で当たり前に置かれるようになる日も来る…かな?