一見、最近考案されたキワモノメニューっぽいけど、
歴とした福島県会津地方の郷土料理(らしい)。
賞味期限の近づいたまんじゅうの処理のために生まれた一品、というわけではない(らしい)。

食べてみると、あんドーナツっぽい感じ。
でも、餡を包んでいる生地の違いのためか、あるいは表面に砂糖がまぶされていないせいか、
あんドーナツほどのしつこさはなく、ほどよく上品な味わいだ。
と、おやつメニューのように書いてきたが、
なんと会津ではこれはあくまで天ぷら、すなわち惣菜の扱いだという。
だから醤油をたらしたり、温そばの上にのせたりもアリだそうな。
うーむ。

地元のスーパーなどでも売っているそうだが、
やはり食事どころで揚げたてアツアツをいただくのがおすすめ。
もちろん、会津でそれなりの旅館に泊まれば、
「こづゆ」や「棒ダラの煮付け」などとともに、 夕食に出されることでありましょう。