兵庫県南西部の佐用町から岡山県の美作地方東部にかけて、
「ホルモンうどん」なるローカルフードがある。
うどんといってもダシ汁に浸っているオーソドックスなものではない。
形式としては、焼きうどんの一種だ。

この地方では畜産業・精肉業が盛んであり、
食肉の副産物である牛ホルモンを鉄板焼きにするようになったという。
その延長で誕生したのがこの「ホルモンうどん」。
店でホルモン焼きをツマミに酒を飲んでいた誰かが、
“シメ”にうどんを混ぜ入れてもらったのがその始まりらしい。
これが徐々に人気を得て、この一帯に広まった。

胃袋、腸、心臓など様々な部位をミックスしたホルモンを鉄板で炒め、
キャベツや玉ネギなどの野菜、そして茹でたうどんを加えて、醤油ベースのタレで味付け。
仕上げにネギや青ノリ、紅ショウガなどをトッピングすれば出来上がりだ。
肉をホルモンに置き換えた焼きうどん、というのが近いだろうが、
一般的な焼きうどんでは肉の量が大したことないのに比べて、
これはホルモンがゴロゴロとしっかりとした存在感を示している。
う~ん、腸の部分からにじみ出る脂が美味い。

さて、ご多聞に漏れずローカルB級グルメをして売り出し中のこのメニュー。
今年の“B-1グランプリ”では第3位に入賞した。
その効果もあってか、その後も各地のフードイベントから
「ホルモンうどん」の出店要請が相次いでいるとか。
全国にその名を轟かせる日も、そう遠くないかもしれない。