太平燕と書いて「タイピーエン」と読む。
熊本で食べられているローカルメニューだ。

単純に言うと、中華風春雨スープである。
エビ、イカなどの魚介、豚肉、タケノコ、キクラゲ、白菜などの野菜を取り混ぜた
五目炒めを合わせ、揚げ玉子をトッピング。
元々は中国・福建省で祝い事の際に作られていたスープ料理を、華僑が熊本に持ち込み、
日本流にアレンジされて定着したという。
鶏ガラスープが一般的だが、澄んだもの、白濁させたもの、トンコツベースにしたものなど、
店によって様々らしい。

地元では学校給食に出るほどポピュラーだが、
基本的に熊本市周辺以外では見かけられない。
去年、某ラーメンチェーンが品目に加えて東京近辺でも食べることができるようになったが、
いつの間にかメニューから外されてしまった。
あれで全国区になるかと思ったのに。
残念なことである。