北九州の小倉は競輪が最初に行なわれたところ、というのは有名だが、
「焼きうどん」の発祥の地でもあるのはご存じだろうか。
その元祖の店で、ソース焼きそばを出そうとしたものの
終戦直後の物資不足のために中華のソバ玉が手に入らず、
仕方なく湯がいた干しうどんで代用したのがそのはじまりだという。
今では全国的にポピュラーなメニューであるが、
例によって、昨今のご当地メニューで街おこしの風潮に乗り、
地元では「小倉発祥焼うどん」として売り出し中。
食べ歩きMAPの作成やら、“B-1グランプリ”への参加などの活動を行なっている。
とりたてて珍しいわけでもないが、Bグル好きだったら
小倉に立ち寄った際には是非とも押さえておきたい。