岡山の外食店で単に「カツ丼」と注文すると、これが出てくるとか。
そのカツ丼とは、全国一般的な卵とじのものではなく
この街独特のスタイルである「ドミカツ丼」。
丼にご飯を入れ、その上にトンカツ(お好みでwithキャベツ)を乗せて、
ドミグラスソースをかけたものだ。
お察しの通り、「ドミ」とはドミグラスソースのことである。
(だからデミカツ丼とも呼ばれる)
仕上げにグリーンピースを数個パラリ。
ちょっとだけハヤシライスな雰囲気?
ドミグラスソースがかかっているだけに、当然濃い味だけど、
ワタシャ卵とじカツ丼よりこっちの方が好きだな。

例によって、一応、由来を書いておこう。
とある店のご主人が、東京で洋食の修行をしているときに考案。
でもって、帰郷してメニューに出してみたら、だんだんとウケて広まったそうな。
今じゃ岡山のラーメン屋では、ドミカツ丼をも出すのはザラで、
ラーメン+ドミカツ丼(小)のコラボ注文は地元民の常識、との噂。
・・・メタボに負けるな、岡山人。