現在、伊勢神宮の近くでは名物郷土料理の組み合わせとして、
「伊勢うどん」と「手こねずし」のセットメニューを出す店がチラホラある。
しかし、元々「手こねずし」は伊勢ではなく志摩地方南部の料理であった。
漁師がカツオ漁の合間の食事として、獲れたカツオを小さく切り、
醤油に漬け込んだものをご飯に混ぜて食べたのが始まりだという。
この漁師料理が陸上でも食べられるようになり、ご飯が酢飯に変わり、
刻み海苔やら青シソやら生姜やらを散らすようになった。
やがて、この料理は次第に志摩全体から伊勢方面へと伝播して現在に至る、というわけ。

マグロや白身魚の刺身で作ることもあるようだが、
食べるならば、やはりカツオの“手こね”であろう。
で、まずはとある寿司屋で注文したら、酢飯の上にカツオの刺身が並べてあるだけ。
これって単なるカツオのヅケ丼では…?
昔、JR東海だったかのCMで渡辺徹が紹介してた「手こね寿司」は、
ちょっと違う感じのものだったような記憶があるのだが…。
いささか釈然としないままひなびた港町をブラつき、
いかにも観光客向けだが、正直言って少々枯れた風情の食事処へ入店。
それほど期待せずに、また注文してみると・・・おぉー、これこれ、これですよ!
カツオの切り身がちゃんとご飯に混ぜ込んである。
そして味醂を多めに効かせているのか、やや甘めの酢飯。
これで生姜が甘酢漬けではなく生の針生姜だったら完璧だったが、
今回はこれで良しとしよう。

伊勢・志摩で正統な「手こね寿司」を食べるなら、
案外、寿司メインではない店を選択するのが正解かもしれない。